Tween (LogiXノード)

From Neos Wiki
Revision as of 11:39, 20 February 2022 by Aesc (talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search
Other languages:
English • ‎日本語 • ‎한국어
Tween
'Tween' LogiX node
Inputs
  Impulse Tween
  Object To
  Object From
  Float Duration
  CurvePreset CurvePreset
Outputs
  IField`1 Target
  Impulse OnStarted
  Impulse OnDone

Tweenノードは、インパルスをTweenに入力とき、Fromから始まりToで終わるTargetの値をDuration秒間で補間するために使用します。

使用方法

インパルスをTweenに入力すると、ドライブコンポーネントが作成され、Durationに設定した期間、参照されたTarget値をドライブします。

Toの値は、Durationの終了時に到達する最終的な値を指定するものです。


Fromの値は、Durationの開始時の初期値です。


Duration は、From から To への遷移にかかる時間を秒単位で指定するものです。デフォルトは1です。


CurvePreset は、補間する値の形状を決定します。デフォルトはSmooth。


OnStarted出力は、Tweenに入力されたインパルスにより、Targetのトゥイーンが始まるとインパルスを出力します。有効なTargetがない場合、インパルスは出力されません。このインパルスは、Tweenに到着したインパルスの連鎖を継続させます。


OnDone出力は、Targetのトゥイーンが終了したときにインパルスを出力します。これはTweenに到達したインパルスチェーンを継続させません。


Targetに対するトゥイーン操作は、一度に1つしかアクティブにできないことに注意してください。現在、ターゲット値の変更は、フレームレートやネットワーク遅延によってスムーズに表示されない可能性のある値への連続した書き込みを介して動作します。同様の、潜在的に滑らかな効果は、たとえば のさまざまな Lerpノードで達成できます。

Tween example

Tween example

ノードメニュー

Actions
Back -- ++ Drive Drive Playback Tween Write
Write Latch Write Ref Write Ref Latch