Create Reference Undo Step (LogiXノード)

From Neos Wiki
Revision as of 07:16, 20 February 2022 by FuzzyBot (talk | contribs) (Updating to match new version of source page)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to navigation Jump to search
Other languages:
English • ‎日本語
Create Reference Undo Step
'Create Reference Undo Step' LogiX node
Inputs
  Impulse Create
  ISyncRef Target
  Bool ForceNew
Outputs
  Impulse OnCreated

Create Reference Undo Stepノードは、Createへインパルスを入力すると、Target 参照フィールドに Undo Manager エントリセーブポイントを作成します。

使用方法

Target 入力は、LogiX ワイヤーを接続することで、任意の参照型スロットまたはコンポーネントフィールドに設定することができます。入力の色は、深緑色から変更されません。


ForceNew 入力は、直前のインパルス連鎖で同じフィールドに別のエントリがすでに作成されていた場合、Target フィールドに新しい Undo Manager エントリを作成するかどうかを決定します。デフォルトは false です。


OnCreated 出力は、Undo Managerのエントリが正常に作成されたときにインパルスを出力ます。有効なTargetが設定されていない場合、インパルスは出力されません。


Undo Managerのエントリは、Createへ入力されたインパルスのオーナーに対して作成されます。このノードが、インパルス連鎖の Target フィールドが持つ参照を変更する他のノードの前に置かれた場合、ユーザーのコンテキストメニューから Undo アクションを実行すると、それらのノードの効果は取り消されます。

使用方法

ノードメニュー

Undo
Back Begin Undo Batch Create Field Undo Step Create Reference Undo Step Create Spawn Undo Step Create Transform Undo Step Create Type Field Undo Step
Create Undo Batch End Undo Batch Undoable Destroy