Tips(ヒント集)

From NeosVR Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Tips & Tricks and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語

参照されたコンポーネントを開く

インスペクターが表示されたら、参照の左側にある小さな垂直矢印記号をクリックします。これにより、参照先コンポーネントのインスペクターが開きます。同じアクションは、参照(青で表示)を取得し、コントローラーの2番目のアクションを押すことでもトリガーできます。

例:参照されたマテリアルのインスペクターを開きます。

ワールドのパフォーマンス概略

Q:パフォーマンスのプロファイリングテクニックに関するヒントはありますか?現在5秒ごとにHexグリッチが発生しているので、それをさらに削ることができるか、またはより集中的なアニメーションを削除する必要がある場合はどうすればよいですか?

A:ダッシュメニューが開いているときにFPSカウンターが表示されます。ネットワークトラフィックを表示するコンポーネントもあります。ただし、これに続いて、現在のところNeosにはツールがありません。あなたの最善の策は、チェックリストを持っていることです:

1.シーンにはどの程度オブジェクトがありますか?(2000以上ですか?)

2.ジオメトリの密度はどのくらいですか? (GPUは多くの処理を行いますが、FPSに影響を与える可能性があります)

3.ポイントライトの数を確認します。シャドウはレンダリングにコストがかかり、大きな範囲のライトはレンダリングにコストがかかります。

4.反射(Reflections)は設定していますか?

5.重いメッシュを使用していますか?

6.手続き型メッシュを使用していますか?これらを静的メッシュにベイク処理して、パフォーマンスを向上させることができます。

7.同じメッシュとマテリアルを再利用すると、GPUのインスタンス化が可能になるため、パフォーマンスが向上します。