ヘッドマウントディスプレイ無しのクライアント/サーバー

From NeosVR Wiki
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page Headless Client/Server and the translation is 100% complete.
Other languages:
English • ‎日本語

ヘッドマウントディスプレイ無しのクライアント/サーバーは、グラフィカルユーザーインターフェイスを除くNeosコマンドラインビルドであり、サーバーなどのレンダリングが不要なシナリオで効果的に実行できます。Neos Proユーザーと、 Gunterレベル以上のすべての Patronsは、ヘッドレスクライアント/サーバービルドにアクセスできます。 Discordチャネル #headless-clientを参照するか、管理者に連絡してアクセスコードを取得してください。

インストール

  • SteamCMDコマンドを使用する

app_update 740250 -beta headless-client -betapassword your_code

または、グラフィカルインターフェイスを使用している場合:

  • Steamに移動し、Neos Propertiesを開いて、BETAsタブに移動します
  • コードを使用してベータ版ブランチをアクティブ化する
  • ヘッドレスクライアント(headless-client)ブランチに切り替えます

コンフィグレーション

  • Steamがアップデートを完了したら、インストールフォルダを開きます。 ヘッドレスクライアントは、"Headless Client"サブフォルダにあります。
  • Config/DefaultConfig.jsonファイルを使用して、スタートアップワールドをセットアップするか、アカウントにログインさせることができます(メインのNeosアカウントは使用しないでください)
{
 "tickRate": 60.0,
 "usernameOverride": "10 year old ThinkPad",
 "loginCredential": null,
 "loginPassword": null,
 "startWorld": {
   "sessionName": "Headless Lounge",
   "description": "This one is running on my 10 year old TabletPC. Let's see how well it runs!",
   "maxUsers": 16,
   "accessLevel": "Anyone",
   "tags": null,
   "mobileFriendly": false,
   "loadWorldURL": null,
   "loadWorldPresetName": "SpaceWorld",
   "adminUsernames": [
     "Frooxius",
     "Aegis_Wolf",
     "Nexulan"
    ]
  }
}
  • 実行可能ファイルを実行してクライアントを起動します

ローカルストレージの設定

ヘッドレスクライアント/サーバーをローカルストレージサーバーとして機能するように構成するには、ワールドを"saveAsOwner":"LocalMachine" に設定します。(最初の実行後に一意のstartWorldURLに置き換えられます)および"saveOnExit":trueおよび必要なautoSaveInterval
サーバーがシャットダウン時に未保存の変更を保存できるようにするには、shutdownコマンドを使用してください。 設定ファイルの例:

{
 "tickRate": 60.0,
 "usernameOverride": null,
 "loginCredential": null,
 "loginPassword": null,
 "startWorlds": [
   {
     "sessionName": "My World 1",
     "description": null,
     "maxUsers": 32,
     "accessLevel": "LAN",
     "tags": null,
     "mobileFriendly": false,
     "loadWorldPresetName": "BasicEmpty",
     "saveAsOwner" : "LocalMachine",
     "autoRecover": true,
     "saveOnExit" : true,
     "autoSaveInterval" : 240,
     "forcedRestartInterval": -1.0
   }
 ],
 "dataFolder": null,
 "cacheFolder": null
}